FC2ブログ
ドイツボードゲームの紹介や自作ゲームの紹介などをしているサークルブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

黒幕道 カードエラッタ情報 & 補足説明

●エラッタ情報

黒幕道
茶器文化アイコンなし文化アイコンあり
黒幕華道
楽団【調達時】【調達開始時】
劇場【調達時】【調達開始時】
寺院【調達時】【調達開始時】
【調達開始時】の効果は、調達フェイズが開始された瞬間に1回だけ処理されます。


●カード補足説明

黒幕華道説明
市場の人物カードを4枚まで廃棄します。
人物カードが4枚以上あるのに、3枚以下で効果を止めることはできません。
4枚未満の場合、可能な限り廃棄をしてください。
廃棄したカードの下から再び人物カードが出現した場合、
そのカードを廃棄することも可能です。
実行順は「弓」を使用したプレイヤーが決定してください。
水車食糧の効果を1回実行するたびに+1両されます。
条件を満たせば1手番中何度でも効果を得られます。
(食糧のカードを2枚、3枚と使えば、+2両、+3両されます。)

また基本効果と追加効果はそれぞれ1回と数えられます。
鶏カードを使用した場合、基本効果で2枚引いた時点で+1両され、
追加効果で廃棄した場合、さらに+1両されます。
花街道具を一枚手札に加える処理は、行動フェイズ中に行います。
購入したことで、その下から出現するカードを取得することはできません。
(購入フェイズは行動フェイズ終了後に行うため)
「斧」等で追放したことで出現されたカードは取得可能です。
スポンサーサイト
2018-04-30 : 黒幕道 : コメント : 0 :
Pagetop

黒幕道 ルールFAQ

Q1.山札がなくなった場合、どうすればいいですか?
A1.プレイヤーの山札がなくなった場合は、捨て札をシャッフルし、新たに山札を再構築してください。


Q2.市のカードを調達した後、どこかのタイミングで市のカードは自動で補充されるのですか?それとも「時間」のカードを使って「めくる」効果でないと補充されないのですか?
A2.市カードは自動では補充されません。「めくる」効果を使用することで補充されます。

従って、各プレイヤーの市が3未満になることもあります。しかし、「めくる」効果によって市を4以上にすることはできません。

Q3.廃棄した札はどのように扱えばいいですか?
A3.廃棄されたカードは、そのプレイで再利用されることはありません。廃棄山として1箇所に集めておいてください。


Q4.座を複数設立することはできますか?
A4.できます。

拡張ルールとして、制限をかけることも可能です。

Q5.他のカードの前提として使ったカードでも、座の成立条件に必要なカードとして扱うことはできますか?
A5.できます。

他カードの前提で使用したカードも、手番で使用したカードとして扱うので、座の設立条件として使用できます。
ただし、手番中に使用/入手したカードでも、「捨て山に移動したカード」と「廃棄されたカード」は、座の設立には使用できません。

Q6.手札にあるカードを、プレイでなく「捨てる」ということはできるのでしょうか?
A6.できません。

使わなかったカードは手番の最後に公開され、座の条件のカードとして使用することができます。
その後、自分の場に公開されているカードをすべて捨て山に移動させ、新たに山札から手札上限までカードを引きます。

Q7.最初にプレイしたカードの効果でカードを引いた場合、その引いたカードをすぐにプレイすることは出来ますか?
A7.できます。

「引く」効果は山札からカードをドローし、手札に加える効果です。手札のカードは(アクションの使用回数に制限がないため)すべて使用可能なので、引いてきたカードをすぐにプレイすることができます。「引く」効果を連続で使用することで、山札のカードすべてを使用することも可能です。

Q8.質屋の効果で、手札を廃棄して市からカードを手札に移動することができますが、廃棄するだけで「カードを手札に移動させない」ということは可能でしょうか。
A8.条件を満たすカードが市にない場合は可能です。

詳細な手順として、まずコストとなる手札の廃棄が先に処理されます。その後、カードの移動処理を行いますが、この時「廃棄された札の合計価格以下のカード」がいずれの市にもない場合は、どのカードも移動されることなく処理が終了します(手札に移動させなくて済みます)。価格0の「お友達」が市にある場合は、必ずカードを移動させないといけない状況といえます。
2018-04-15 : 黒幕道 : コメント : 2 :
Pagetop

予約の受け付けと、新作「黒幕華道」のパッケージについて

ゲームマーケット2018大阪について、GARGONsからお知らせです。

(1)予約の受け付けについて先日から案内しておりますが、当日の準備があるため、受け付けは3月30日までとさせていただく予定です。
気になっておられる方はどうぞお早めにご予約くださいませ。
https://goo.gl/forms/IfZ2UrqXal2GD8SL2

(2)新作の「黒幕華道」についてですが、デザイナーの意向によりパッケージの表記が「黒幕外道(げどう)」となっております。
61_Kuromaku_Gedou_Box.png

今回の箱は「黒幕華道」の内容量に対しては大きめのサイズとなっており、来年頒布予定の「黒幕蛇道(じゃどう)」も一緒に収納できるように作られております。
そこで、「黒幕華道」「黒幕蛇道」を総称して「黒幕外道」と名付けたことから今回のようなパッケージとなりました。

少々ややこしいですが、間違いでは御座いませんので、よろしくお願い申し上げます。
2018-03-26 : 黒幕道 : コメント : 0 :
Pagetop

黒幕華道 カード紹介 その5 (完)

黒幕道の拡張版「黒幕華道」のカード紹介 その5です。
今回で「黒幕華道」のカード紹介は完了となります。

黒幕道のゲーム内容についてはこちらの動画こちらのブログ記事をご覧ください
※「黒幕華道」は旧作「黒幕道」の拡張版となります。プレイするには「黒幕道」が必要です。

ゲームマーケット2018大阪に向けて予約の受け付けも開始しております。
ご希望の方はこちらから入力をお願いいたします。


60_Kuromaku_Kadou_14.png
【劇場(げきじょう)】
歌舞伎が町人の間で流行することで、芝居小屋が乱立することとなります。
やがて、これらの芝居小屋は整理され、歌舞伎「劇場」として洗練されていきます。
「劇場」は、調達時に3両が得られ、資金繰りに大きなアドバンテージをもたらします。
60_Kuromaku_Kadou_15.png
【花街(はなまち)】
「花街」は、遊女屋や芸者屋が集まった繁華街のことで、
遊郭の別称としても使用されます。
設立に女人が3人も必要、と難易度は高いのですが、
1手番に1度、道具を市から手札に移す強力な能力を持っています。
60_Kuromaku_Kadou_16.png
【寺院(じいん)】
「寺院」は、檀家が切支丹ではないという証明を行っていました。
そこから得ていった特権が、後の世の廃仏毀釈に繋がっていきます。
「寺院」に必要なカードの1枚に「僧侶」がありますが、
これは「黒幕蛇道」に収録が予定されています。


カードは全部で16種類(64枚)あります。どうぞよろしくお願いいたします。
2018-03-10 : 黒幕道 : コメント : 0 :
Pagetop

黒幕華道 カード紹介 その4

黒幕道の拡張版「黒幕華道」のカード紹介 その4です。

黒幕道のゲーム内容についてはこちらの動画こちらのブログ記事をご覧ください
※「黒幕華道」は旧作「黒幕道」の拡張版となります。プレイするには「黒幕道」が必要です。

ゲームマーケット2018大阪に向けて予約の受け付けも開始しております。
ご希望の方はこちらから入力をお願いいたします。


60_Kuromaku_Kadou_11.png
【琴(こと)】
一般に「琴」と呼ばれる楽器は筝(そう/こと)で、混同されて用いられていますが、実際は別の楽器だそうです。
黒幕道において「琴」は女性用の道具で、女人属性の人物が使用すると、"+3両"と"3枚引く"の効果が得られます。
60_Kuromaku_Kadou_12.png
【華器(かき)】
「華器」は花器とも書き、花を活けるために使用する器のことです。
茶道の隆盛が「華器」の発展をもたらした一面もあることを考えると、
「華器」の基本効果が「茶器」と同等であるのは、シャレが利いているのではないでしょうか。
60_Kuromaku_Kadou_13.png
【楽団(がくだん)】
追加される座カードのひとつ、「楽団」です。楽器を設立条件としています。
手札の上限増加と調達時に自動で1両入る地味ながら役に立つ1枚です。


カードは全部で16種類(64枚)あります。どうぞよろしくお願いいたします。
2018-03-03 : 黒幕道 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

ご来訪カウンター

プロフィール

GARGONs

Author:GARGONs
ゲーム好き4人組みがついに自分達でゲーム作成に手をつけました。
Gargonsをよろしくお願いします。

【メンバー】
もりも:宇宙から来たみんなの火付け役。 好きなゲームはアグリコラ。
8こーじ:宇宙から来た引きこもり系カードデザイン担当。 苦手なゲームは交渉系。
U1:宇宙から来たアーキテクト。担当はシステムデザインとか。 好きなゲームはブラフ。
Fuzy:宇宙から来たブログ担当。 苦手なゲームは心理戦的なもの。

ゲームのルール補足はこちら

お問合せはこちら
(gargons_hmmu@yahoo.co.jp)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。